賃貸を解約するには

賃貸を契約、解約する

トップ

賃貸契約の書類の読み方

家を借りるとき、賃貸契約を結びます。契約書の書類に限らず、文章が多く難解ですが、双方の合意事項を記した大切な合意文書、きちんと読まなければいけません。なかでも重要なのが、初期費用の内訳、敷金は後日返ってきますが、礼金は支払ったら戻ってこないお金です。支払う金額は同じでもその性格は大きく異なるので注意が必要です。つぎに、入居の期間、住居の場合は2年が一般的ですが、期間を満了したら更新料を払ったり、条件の見直しをすることがあるので、現在の内容で入居できる期間も確認しておきましょう。また、途中で引越しなど、賃貸を解約する場合には、通知から解約までどれだけの予告期間が必要かも覚えておくと安心です。

広い住宅

賃貸契約の書類について

アパートやマンションなどの賃貸についての書類を取り交わすその前に、必ず仲介する不動産会社の宅地建物取引主任者からアパートやマンションなどの物件についての事項や契約条件などに関して重要事項説明を受けることになっておりまして、宅地建物取引主任者が重要事項説明書を交付することになっております。この後に書類を取り交わすようになってきますから、重要事項説明を受けた時に、不明な点などがあれば必ず確認をするようにしましょう。問題がなければ、建物賃貸借契約書を取り交わすことになっていまして、自分の住所や名前の記入と捺印を行うようになります。

賃貸の解約についての情報

新着情報